女性外来

主な取り扱い疾患(婦人科)

子宮筋腫

子宮壁の筋肉内にできる良性の腫瘍です。
20代~40代にかけて大きくなり、閉経期になると小さくなります。
診断は超音波でわかります。筋腫が大きくなれば定期的に経過をみていくだけの事もあります。
治療: 薬物療法  薬で閉経状態にして筋腫を小さくし、症状を軽減させながら閉経につなげ筋腫が縮小するのを待つ方法。
    手術    筋腫が大きく、粘膜下にできている。筋腫が不妊の原因になっている場合は手術適応になります。
          子宮全体を摘出する手術と筋腫だけを摘出する手術があります。

子宮内膜症

子宮内膜の組織が卵巣や卵管、子宮筋層内など骨盤内の臓器といった子宮以外のところにできてしまう病気です。 子宮の外にできても月経のたびに出血しますがその場にたまってしまいます。 卵巣にたまった場合、卵巣のう腫(チョコレートのう腫)といいます。
症状 : 症状のない場合もありますが、月経痛が以前よりひどくなったという訴えが多く、他に激しい月経痛、過多月経、
     腰痛、性交痛などがあります。
治療 : 薬物療法  ホルモン剤や低用量ピルの使用。低用量ピルは排卵を止めて子宮内膜の増殖をおさえるので、
           病気の進行をおさえるほかに、月経痛がやわらぐなどの症状の緩和にも効果があります。      
     手術    開腹手術の場合もありますが、お腹に小さな穴が開く程度の傷ですむたまった血液を吸引する方法も
           あります。

子宮癌

子宮頚部と子宮体部の2つをあわせて子宮癌と呼ばれています。 できる場所、発生の仕方は異なります。
子宮頸癌 : 性交によってある型のヒトパピローマウイルスに感染すると細胞が変化してガンになると考えられています。
       性交経験のある人は若くても検診を受ける必要があります。 不正出血や性交時の出血、おりものの異常などの
       症状があります。
治療   : 発見時の癌の段階により異なります。
子宮体癌 : 食生活の欧米化や妊娠、出産をしなかった人、またその回数が少ない人 もなりやすいといわれています。         
       不正出血が主訴となることが多いですが、生理不順と見逃してしまいが ちなので気をつけましょう。
治療   : 発見時の癌の段階により異なります。
※ 子宮がん検診を受けましょう。

更年期

 40代に入ると卵巣の機能がだんだん低下し、女性ホルモンが減少、その影響で体にいろいろな変化があらわれます。 月経の異常で気づく人が多いでしょう。 ほてりやのぼせ、動悸、発汗、イライラ、精神的に不安定など様々な症状が起こることが特徴です。 まずはご相談ください。症状に合わせた治療を行います。

月経にともなう症状

 月経前や月経になると体や気分にいろいろな変化があらわれます。 月経痛、腰痛、頭痛、乳房痛、めまい、はき気、イライラ、憂鬱といった症状が強く生活に支障をきたす人もいます。 まずはご相談ください。症状に合わせた治療を行います。

骨盤臓器脱(婦人科)

 骨盤の中には尿道、膀胱、膣、子宮、直腸が存在しており、これらを骨盤臓器と呼びます。骨盤臓器は互いにバランスを取り合い、周りの筋肉、筋膜、靭帯などに支えられています。 このバランスが崩れたり周りの支える力が弱くなると膣壁を押し出し膣の出口の方へ骨盤臓器が下がってきます。体外に出てくることもあり、これを骨盤臓器脱といいます。
膀胱瘤  : お腹側にある膣の壁とともに膀胱が下がってくる。
直腸瘤  : 背中側にある膣の壁とともに直腸が下がってくる。
子宮脱  : 子宮が膣の中に下がってくる。
膣断端脱 : 子宮を取った後に膣の壁が下がってくる。 同時に複数の臓器が下がってくることもあります。
症状   : お腹の張り、不快感、何かが触れる、何かが挟まっているような感じ。尿が出にくい、残便感などがあります。
治療   : 症状の程度、年齢、生活などに合わせて選択します。
       ①骨盤底筋体操  : 初期の方に有効であり、予防としても効果があります。
                  緩んでしまった骨盤の筋肉を鍛える体操です。
       ②ペッサリー   : リング状の装具で膣内に入れて下がってきた臓器を支えます。syashin2

       ③薬物療法    : 骨盤臓器脱を治すのではなく、乾燥や痛みを和らげるなど
                  症状の緩和を図る治療です。
       ④フェミクッション: クッション、ホルダー、サポーターを組み合わせてお使いいただ
                  くものです。
                  体内に入れる事なく下着の様に見えるデザインです。
                  ペッサリーが適さない方などに最適です。
       ⑤手術      : ①メッシュを使用した手術 弱っている膣の壁をメッシュで補強し、
                  ハンモックのように下がった臓器を支える方法です。
                  詳細はこちらを参照して下さい。            
                  ②膣の閉鎖 膣の前後の壁を縫い合わせて、そこから下には臓器
                  が落ちないように する方法です。

                  当院では、骨盤臓器脱手術は泌尿器科と婦人科が合同で行っているのが特徴です。
                  どちらを受診すべきかわからない、などありましたらお電話でご相談下さい。
                  手術は、水曜日に行っております。

文字のサイズ

受付のご案内

tel

受付時間

初診 午前 8:30~11:30
再診 午前 8:00~11:30
※各科、曜日によって受付時間が異なります。事前にご確認ください。

休診日

日曜日・祝日 第2・4 土曜日
創立記念日 5月30日
年末年始 12月29日〜1月3日

ページ上部へ戻る
社会福祉法人 恩賜財団 済生会中和病院
〒633-0054 奈良県桜井市大字阿部323  TEL:0744-43-5001 / FAX:0744-42-4430