外科

急性虫垂炎

良性手術症例内訳

虫垂の炎症が原因で腹痛が起こり、幼児から高齢者まで幅広い年齢層で発症いたします。急にみぞおちや右下腹部の腹痛を起こす代表的な疾患です。昔より盲腸と言われております。これは約百年前の欧米の医学界の論争の結果、盲腸周囲炎と言われていた名残りが日本に入ってきた名称です。保存的に抗生剤治療を行い治癒するものと、虫垂が穿孔して腹膜炎を起こしているものがあり、適切な診断・治療が必要な疾患です。しかしながら、開腹時所見によりはじめて虫垂炎・憩室炎・それらによる穿孔性腹膜炎・結腸癌・婦人科疾患などの手術時診断がされます。昔より言われているものに「後医は名医」というのがあります。最初に診た医師より後で診る医師の方がいろいろな情報・診療経過がわかり正確な診断ができるというもので、急性虫垂炎はこれに当てはまる疾患の代表です。

急性虫垂炎手術数の年次推移

  全症例 小児(再掲) 腹腔鏡下(再掲)
2008年 37
2009年 45 12
2010年 48
2011年 42
2012年 41
2013年  50 13
2014年 49
2015年 53
2016年 27
2017年 43
2018年 31
文字のサイズ

受付のご案内

tel

受付時間

初診 午前 8:30~11:30
再診 午前 8:00~11:30
※各科、曜日によって受付時間が異なります。事前にご確認ください。

休診日

日曜日・祝日 第2・4 土曜日
創立記念日 5月30日
年末年始 12月29日〜1月3日

ページ上部へ戻る
社会福祉法人 恩賜財団 済生会中和病院
〒633-0054 奈良県桜井市大字阿部323  TEL:0744-43-5001 / FAX:0744-42-4430