肝癌

悪性手術症例内訳

肝癌は毎年日本国内で3万人が発症する原発性肝癌と、他臓器の癌が肝臓へ転移・移転した転移性肝癌に分類されます。原発性肝癌は、B型肝炎ウィルス・C型肝炎ウィルス・アルコール性・NASHなどで障害された発癌母地として肝臓そのものからできるものです。癌の数が1~3個で肝機能が良いものは治療効果の高い手術治療が第一に選択されます。小さな肝癌に対するラジオ波焼灼術も治療効果が高い方法です。肝硬変などの肝機能不良例や高齢者に対して血管内治療であるTAEなどが行われます。肝癌に対する肝移植治療は、臓器移植法が改正されたとはいえ日本におけるドナーの現状を考えると一般的治療とは言い難いと思われます。抗癌剤治療には分子標的薬のソラフェニブ経口抗癌剤治療があります。一方、転移性肝癌は、特に大腸癌からの転移で数の少ないものは治療効果が高く開腹手術が行われます。胃癌・胆道癌・膵癌・乳癌などの肝転移は抗癌剤治療が行われます。

肝癌手術数の年次推移

  全症例 原発性 転移性 葉切除
(再掲)
区域切除
(再掲)
部分切除
(再掲)
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年 11
2018年 15 11

 

文字のサイズ

受付のご案内

tel

受付時間

初診 午前 8:30~11:30
再診 午前 8:00~11:30
※各科、曜日によって受付時間が異なります。事前にご確認ください。

休診日

日曜日・祝日 第2・4 土曜日
創立記念日 5月30日
年末年始 12月29日〜1月3日

ページ上部へ戻る
社会福祉法人 恩賜財団 済生会中和病院
〒633-0054 奈良県桜井市大字阿部323  TEL:0744-43-5001 / FAX:0744-42-4430