外科

ヘルニア

良性手術症例内訳

鼠径部のヘルニアは泌尿器科ではなく外科が担当科となります。鼠径部のヘルニアは、内鼠径ヘルニア、外鼠径ヘルニア・大腿ヘルニアの3つが代表的です。学童期までに発症する小児鼠径ヘルニアと成人してから発症する成人鼠径ヘルニアにも分けることができます。発症の原因はどちらも同じで、鼠径部の筋膜が弱くなりシャッター機能が失われることにより腸や大網などの内容物が脱出する(脱腸;ダッチョと言われます)もので「おなかの壁」の病気で腸が悪いのではありません。大人では弱った壁を人工物であるメッシュなどで補強する手術が治療法となります。創部に水がたまる漿液腫(1~2ヶ月の経過観察で消失する)や創部の痛み、創感染・再発(全体の1~3%位)などの合併症があります。
その他のヘルニアとして、腹壁瘢痕ヘルニア・臍ヘルニア・閉鎖孔ヘルニアなどがあります。
このようなヘルニアにより、小腸などが嵌頓しもどらなくなることがあります。腸管の血流障害・壊死をきたした時は緊急手術が必要となります。

ヘルニア手術数の年次推移

  全症例  鼠径 大腿  腹壁瘢痕 閉鎖孔 その他 腹腔鏡下(再掲)
初発 再発 小児
 2008年 82 62 2 7 4 7 0 0    
 2009年 85 63 5 5 4 8 0 0    
 2010年 101 71 3 10 4 11 2 0    
 2011年 128 88 4 14 10 6 3 3    
2012年 95 68 4 7 4 6 4 2    
2013年 100 84 1 3 7 5 0 0    
2014年 113 95 2 2 7 3 2 0 2  
2015年 100 71 3 2 3 7 4 7 3  
2016年 95 74 6 1 1 9 0 3 1  
2017年 92 76 1 1 8 2 2 1 1  
2018年 83 69 0 3 4 2 2 3 0 7
文字のサイズ

受付のご案内

tel

受付時間

初診 午前 8:30~11:30
再診 午前 8:00~11:30
※各科、曜日によって受付時間が異なります。事前にご確認ください。

休診日

日曜日・祝日 第2・4 土曜日
創立記念日 5月30日
年末年始 12月29日〜1月3日

ページ上部へ戻る
社会福祉法人 恩賜財団 済生会中和病院
〒633-0054 奈良県桜井市大字阿部323  TEL:0744-43-5001 / FAX:0744-42-4430