済生会の沿革と組織

済生会設立精神
施  薬  救  療

済生会の創立

PhotoA

 明治天皇が、明治44年2月11日、時の総理大臣 桂太郎 を召され、いわゆる済生勅語(天皇のおことば)と共に天皇のお手元金150万円をその資金にと下賜された。
 桂総理は天皇のお考えに沿う方法を考えた結果、専門の民間機関を設立して当るのが最も適当であるのとの結論に達し、明治44年5月30日、天皇の許可を得 て恩賜財団済生会を設立し、総裁に伏見宮貞愛親王をつつしんでいただき、会長には桂総理自らが就任した。

済生勅語

 わが国は、世界の大勢に順応して、国運の進展を急がなければならない時であるが、最近は国民経済に変化が生じその為に思想的革新の兆しがみえはじめ、国民 の中にはややもすればそれに動揺して方向を誤る者が出てはと憂慮するところである。よって今の時勢に対応するべくここに施政方針を発する。
 まず政治家は国民の人心動揺の気配を考慮して、充分な対策を企て産業を奨励することと国民に教育を広め国民の健全な発達に尽力せよ。それには、健康が第 一であるが、もし国民の中に病気になっても頼る者もなく、医者にもかかれず、薬も買えないままで亡くなっていく者があればこれほど不幸せなことはない。こ れらの者には、医療をおこなって病気を治し社会に復帰させ生活の安定をはかるよう配慮せよ。その為の資金に手元金を出資するのでこれを充当せよ。この主意 をくんで政府は直ちに窮民の医療救護政策を実施して、国民に適切なる医療を受けさせる行政を要望するものである。

 

組 織

文字のサイズ

受付のご案内

tel

受付時間

初診 午前 8:30~11:30
再診 午前 8:00~11:30
※各科、曜日によって受付時間が異なります。事前にご確認ください。

休診日

日曜日・祝日 第2・4 土曜日
創立記念日 5月30日
年末年始 12月29日〜1月3日

ページ上部へ戻る
社会福祉法人 恩賜財団 済生会中和病院
〒633-0054 奈良県桜井市大字阿部323  TEL:0744-43-5001 / FAX:0744-42-4430