平成28年度病院指標

平成28年度 済生会中和 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 541 157 81 76 195 366 1015 1310 1093 350

地域医療支援病院である当院は地域中核病院として質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しています。
特に60歳以上の患者さんの占める割合が78%で、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
若年層では外科的手術が必要となる患者さんが多くなっています。
また、小児輪番に参加し救急に積極的に取り組む事により、15歳未満の患者さんは全体の13%になっています。
27年度と比較しても、年齢階層に大きな変化はありません。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 大腸ポリープの内視鏡的切除術治療 295 2.0 2.72 67.6
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎の治療 133 32.2 21.25 12.0 86.3
010069xx99000x 脳卒中後遺症の治療 64 2.2 9.99 59.4 81.7
050130xx99000x 心不全の治療 64 27.4 17.95 1.6 83.4
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 内視鏡的手術治療 38 16.7 11.05 5.3 76.6

内科では早期治療、低侵襲治療を積極的に行っております。
大腸がんの増加、大腸がん検診の普及により大腸内視鏡検査が増加しており、それに伴い早期の大腸ポリープがんの内視鏡切除、大腸がんの“芽”となるポリープの内視鏡切除の症例が増加しており、内科入院の16%(1位)を占めています。
また総胆管結石の内視鏡的手術のための入院が5位となっています。
地域の高齢化に伴い誤嚥性肺炎、心不全の患者さんが増加しており2位、4位となっております。
早期のリハビリ、退院支援を積極的に行っております。
また地域医療支援病院として病診連携、病病連携を積極的に行っており、地域のかかりつけ医の先生、病院からの胃瘻チューブの定期的な交換、レスパイト入院を受け入れており、脳卒中後遺症の治療が内科入院の3位を占めています。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 大腸ポリープの内視鏡的切除術 207 2.1 2.72 68.0
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)の手術治療 74 5.6 5.29 71.5
060035xx01000x 大腸がんの手術治療 43 14.7 15.92 72.0
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下手術治療 43 6.9 6.82 58.7
060102xx99xxxx 大腸憩室の治療 35 8.1 7.89 62.6

外科で最も多い症例は大腸腺腫やポリープに対する内視鏡的治療(ポリペクトミー)となります。
次いでヘルニア手術、大腸がん手術、胆のう腹腔鏡手術となっており、どちらも在院日数で全国平均と同程度であり、標準的な治療となっています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿骨骨折の手術治療 110 55.0 27.63 3.6 84.0
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎骨折の治療 45 42.4 20.57 4.4 78.0
160760xx97xx0x 前腕骨折の手術治療 23 9.6 5.49 61.1
160850xx97xx0x 足関節骨折の手術治療 21 20.7 9.86 48.6
160980xx99x0xx 骨盤骨折の治療 16 45.8 20.45 75.3

※当院の在院日数は一般病棟(急性期病棟7:1)と地域包括ケア病棟の在院日数を合計したものです。

手術が必要となる骨折の入院患者さんが多く、大腿骨骨折や前腕骨折、足関節骨折の病名が挙げられます。
平均年齢を見ると、大腿骨の骨折は84歳と高齢で、前腕骨折や足関節骨折は比較的若年層の患者さんであることが分かります。
高齢の患者さんが転倒などで大腿骨を骨折された場合、手術後に継続リハビリテーションを目的として地域包括ケア病棟に転棟されて、在院日数が比較的長くなることが多いです。
その一方、若年層の患者さんがスポーツや事故などで前腕を骨折された場合は、手術を行い10日前後の比較的短期間の入院で自宅に帰られる傾向が見られます。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の針生検 128 3.1 2.68 71.9
110070xx0200xx 膀胱がんの経尿道的手術治療 43 10.3 7.44 75.0
11012xxx020x0x 腎尿管結石の経尿道的手術治療 37 7.4 5.83 60.8
11012xxx040x0x 腎尿管結石の体外衝撃波砕石手術 36 2.3 2.82 61.4
110080xx01x0xx 前立腺がんの手術治療 22 15.7 13.39 68.1

泌尿器科では前立腺針生検を受けられる患者さんが最も多くなっていています。
主に健診や人間ドックなどで測定された腫瘍マーカー(前立腺特異抗原、PSA)の数値が高いことから前立腺がんが疑われたときに実施するものです。
次いで、膀胱がんの手術治療となり、経尿道的手術の他に開腹手術も施行されることもあります。
手術後に切除された病変の病理診断結果を勘案して推奨される2度目の経尿道的手術なども行っています。
3番目、4番目は、尿管結石・腎結石の治療を受けられた患者さんとなりますが、DPCにおいて、経尿道的手術と体外衝撃波砕石手術を行う分類は別のものになってしまうため分けて表示されています。    


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞の脳保護剤投与治療 38 27.3 16.54 13.2 74.4
160100xx97x00x 頭蓋内損傷の血腫除去手術治療 28 18.2 9.87 3.6 77.5
010070xx9912xx 脳血管障害の造影剤撮影 9 3.0 5.52 69.0
160100xx99x00x 頭蓋内損傷の保存的治療 8 18.8 7.52 12.5 75.4
010040x099x00x 脳内出血の保存的治療 7 17.7 19.35 68.6

010070xx01x00x 脳卒中の手術治療 7件  13.9日  全国14.40 -    68.9歳
脳神経外科では、脳卒中の急性期病変、特に脳梗塞の入院が最も多くなっています。
ほとんどの症例の場合には、発症24時間以内に入院することが多く、その場合には、脳保護療法として活性酸素除去剤(エダラボン)を用いて活性酸素(フリーラジカル)を低減、脳梗塞による被害を軽減することが可能です。
次いで多い疾患としては、頭蓋内血腫の患者さんで、77.5歳と高齢で、転倒などによる頭部外傷によって起こる場合が多くなります。
手術後、地域包括ケア病棟に転棟されてリハビリテーションを継続されています。
3番目は脳血管造影などを用いる検査入院で、脳血管の異常を確認し、治療方針を計画しています。


小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎の治療 105 5.3 6.02 1.9 1.6
0400801199x00x 肺炎の治療 101 5.6 5.79 4.9
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎の治療 46 4.8 5.50 4.5
040100xxxxx00x 喘息の治療 44 6.3 6.42 4.9
030270xxxxxxxx 上気道炎(風邪)の治療 42 4.8 4.83 2.0

小児科では気管支炎や肺炎、喘息といった小児呼吸器疾患の症例が多くなっています。
特に急性気管支炎の患者さんの平均年齢が1.6歳となっており、小さなお子さんの呼吸器治療の重要性が分かります。
入院期間においても当院ではより早い回復を目指しており、平均在院日数でも、全国平均より短期間で回復されております。
また小児輪番にも参加し、救急にも積極的取り組んでおり市外の患者さんも多く、退院後は地元の医院にフォローをお願いしています。


放射線科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99030x 脳腫瘍の放射線治療 5 31.6 9.60 72.2
03001xxx99x4xx 頭頸部がんの放射線治療 5 18.2 14.13 68.0
060010xx99x40x 食道がんの化学療法 5 10.4 9.82 67.2
040040xx99040x 肺がんの化学療法 3 8.0 12.35 74.3
060010xx99x0xx 食道がんの治療 3 16.7 11.87 76.3

放射線科では各種進行癌に対して放射線療法・化学療法を施行しています。
症状等により通院困難な症例については入院での放射線療法もおこなっています。


眼科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障 眼内レンズ挿入する治療 145 2.5 2.91 75.4

眼科では、全ての症例は白内障の手術目的となります。
この入院は基本1泊2日となっており、術後の点眼など、自分では煩わしい処置も確実に行うことができます。
この症例の平均年齢は比較的高齢の患者さんに多いですが、高齢でも手術が可能で、視機能の改善が期待できます。


婦人科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 子宮脱 手術治療 4 9.8 9.44 70.3
12002xxx02x0xx 子宮がん 腟式切除手術治療 2 3.0 3.31 42.0
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術治療 2 10.0 10.36 67.0
11013xxx06xxxx 緊張性<腹圧性>尿失禁の治療 1 4.0 5.75 62.0
120250xx99x0xx 月経前症候群の治療 1 2.0 4.93 37.0

産婦人科では性器脱(子宮脱など)で手術をされる患者さんが最も多なっています。
次いで、子宮筋腫や卵巣嚢腫の手術症例がつづきます
全国病院の平均在院日数と比較しても、標準的な治療がなされていることがわかります。


耳鼻咽喉科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 慢性扁桃炎の手術治療 33 7.3 8.12 20.4
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎の治療 16 6.8 7.47 57.4
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術治療 10 6.3 7.75 57.8
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍の手術治療 9 7.1 7.28 40.2
030240xx99xxxx 急性扁桃炎の治療 9 7.4 5.50 48.4

耳鼻咽喉科では扁桃腺をはじめとして、副鼻腔や甲状腺の手術を必要とする患者さんや、急性扁桃炎、めまい症などの入院加療をおこなっています。


皮膚科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹の治療 22 8.3 8.96 67.1
080011xx99xxxx 急性膿皮症の治療 11 10.0 11.97 62.0
080110xxxxx0xx 水泡症の治療 6 31.0 30.11 85.7
070570xx99xxxx 瘢痕拘縮の治療 1 83.0 9.75 83.0
080250xx99x1xx 褥瘡潰瘍の治療 1 65.0 35.46 75.0

161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷の治療 1件 在院25.0日  全国12.64  転院100%   平均79.0歳 

皮膚科での入院は、帯状疱疹などのウイルス感染症、蜂窩織炎、丹毒など細菌感染症が多くなっております。
帯状疱疹は早期診断、早期治療開始により、症状の緩和、神経痛などの後遺症の軽減が期待できます。
また類天疱瘡などの自己免疫性皮膚疾患の入院加療も行っております。


循環器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050210xx97000x 不整脈 ペースメーカーの移植・交換手術治療 17 9.8 11.38 78.3
050210xx99000x 不整脈の治療 1 2.0 8.35 83.0

循環器科で最も多い症例は、不整脈に対するペースメーカーの埋め込みと電池交換手術の入院となっています。


乳腺外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳がん 単純乳房切除術の治療 34 7.4 10.30 61.0
090010xx01x0xx 乳がん 乳腺悪性腫瘍手術 腋窩部郭清を伴う手術治療 22 9.5 11.57 64.5
090010xx03x0xx 乳がん 乳腺悪性腫瘍手術 腋窩部郭清を伴わない手術治療  15 5.3 6.59 60.7
130070xx99x00x 白血球疾患の治療 3 15.3 8.81 66.3

乳腺外科では、乳腺疾患に関してより専門性の高い医療を提供できるように、資格を持った人材や設備を整えて診療を行っています。
特に乳癌に対しては診断から手術、化学療法、放射線治療、乳房再建手術など、一貫して当院で行えるようになっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 39 6 10 43 5 14 1 7
大腸癌 26 22 23 44 10 44 1 7
乳癌 30 34 2 2 0 4 1 7
肺癌 6 1 9 26 20 15 1 7
肝癌 1 7 3 3 0 19 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌は早期であるⅠ期の患者さんの割合が高くなっています。
これは、癌ができるだけ早期のうちに内視鏡的治療や腹腔鏡下治療といった比較的患者さんへのダメージの少ない治療を行うことによって、患者さんの負担を減らそうという試みが表われていると言えます。
また、Ⅲ期やⅣ期といった患者さんの数も少なくはなく、手術や化学療法など患者さんの状態に合わせた幅広い治療を実施しています。
Ⅳ期の患者さんのなかには、化学療法目的の入院を繰り返す方もおられ、今回、延患者数による集計を行ったためⅣ期の割合も高くなっています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 34 9.2 44.4
中等症 76 19.6 77.8
重症 13 43.0 82.0
超重症 10 30.4 79.0
不明

患者数が多いのは中等症(重症度1.2)ですが、超重症(重症度4.5)も少なからず存在します。
重症度が上がるごとに治療日数がかかっていることが表れています。
また軽症(重症度0)の患者さんの平均年齢が40歳代であるのに比べて、中等症~超重症では平均年齢が後期高齢者の年齢層になっており、
市中肺炎は年齢が上がるごとに重症化していることがわかります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 2 4.5 77.5
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
I63$ 脳梗塞 3日以内 115 34.6 76.1 10.4
その他 16 50.8 77.8 25.0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 3 55.0 84.3 33.3
その他 15 14.1 70.9
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 3 6.7 68.0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他 2 21.0 50.0
I679 脳血管疾患,詳細不明

I63$(脳梗塞)に分類される症例の割合が高く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計対象全体の7割以上を占めます。
急性期脳梗塞の患者さんの平均年齢は75歳を超えていて、いわゆる後期高齢者の方が多くなっています。
治療後は継続してリハビリを行うなどリハビリを専門とする病院への転院率も高くなっています。
またI65$およびI66$に分類される脳動脈狭窄、閉塞(脳梗塞に至らないもの)の患者さんは発症3日以内ではない、その他の数が多くなっています。
これらは症状がない場合があり(もちろん症状がある場合もあります)、偶然発見され、検査、治療を行われる症例があります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 299 0.8 1.4 0.3 67.7
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 24 0.8 14.4 73.1
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 22 2.2 11.9 4.5 71.3
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 選択的動脈化学塞栓術 21 4.1 12.5 74.1
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 14 3.1 26.8 7.1 83.4

内視鏡センター(内科)では早期治療、低侵襲治療である内視鏡的治療を積極的に行っており、手術の第1位が大腸ポリープの内視鏡切除、第2位が早期胃がんを完全切除可能な粘膜下剥離術、第3,5位が総胆管結石の内視鏡的手術となっています。
なお大腸ポリープの内視鏡切除は部位や大きさにより分類されており、それらすべてを合わせると309件の内視鏡的手術を行っています。
第4位は肝臓がんの治療である血管塞栓術および選択的動脈内化学療法となっています。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 203 0.1 1.5 68.3
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 75 1.3 3.4 70.6
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 65 1.6 5.9 60.1
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 49 6.7 19.2 4.1 73.6
K6552 胃切除術 悪性腫瘍手術 22 7.7 20.4 72.0

外科では、大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術を最も多く行なっております。
ポリペクトミー(ポリープ切除)目的の短期入院です。
次いで多いのは、ヘルニア手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術の順になります。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 84 4.5 48.6 1.2 83.3
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 48 2.6 26.9 62.8
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 43 5.7 50.8 7.0 82.4
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 22 1.6 40.0 71.5
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 18 2.3 26.7 60.1

整形外科では大腿骨や前腕の骨折に対する手術が最も多くなっています。骨接合術を行うことで早期離床を目指しています。
大腿骨転子部・頚部骨折においては、
どの手術でも術後日数が長期になっているのは、継続リハビリを目的として地域包括ケア病棟に転棟されているからです。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 44 1.8 7.5 75.1
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 37 0.3 1.1 61.5
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 34 2.7 3.8 62.4
K843-3 腹腔鏡下小切開前立腺悪性腫瘍手術 21 1.0 14.5 67.8
K8412 経尿道的前立腺手術 その他のもの 18 1.9 8.7 70.9

膀胱悪性手術 経尿道的手術は膀胱癌に対する手術です。尿道から内視鏡を挿入して腫瘍切除します。
開腹による腫瘍切除手術に比べて患者さんの体への負担が少ない治療方法です。
腫瘍の状態によっては、病理結果を確認するために2回目のTUR-Btが推奨されており、当院でも必要に応じて行っています。
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は尿路結石を衝撃波により細かく砕き、体外への排出を容易にするための治療です。
また前立腺の手術は小切開(7cm以下)による鏡視下でおこない、身体への負担が少なく、翌日には歩行可能となります。
患者さんの状態に合わせた治療法を選択し、病気の根治と患者さん生活の質を考慮した治療を行っています。


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 27 2.1 15.8 3.7 77.9
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 9 16.4 51.2 11.1 73.0
K6101 動脈形成術、吻合術 頭蓋内動脈 7 16.7 26.1 28.6 63.4
K164-4 定位的脳内血腫除去術 5 18.8 26.4 20.0 80.2
K6092 動脈血栓内膜摘出術 内頸動脈 5 5.4 12.6 72.2

脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。
高齢の患者さんの割合が高く、入院後緊急での手術となることも少なくありません。
またすべての手術で状態が落ち着くと、継続治療およびリハビリのために、リハビリを専門とする病院に転院される割合も高くなっています。


小児科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの 2 0 2.5 1.5
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 1 0 9.0 13.0

小児科の入院症例で手術として扱われるものは、腸重積症に対する、高圧浣腸を用いた非観血的整復術などがあります。


放射線科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。 4 6.8 44.0 74.3
K6113 抗悪性腫瘍剤動・静脈内持続注入用埋込型カテーテル設置(頭頸部その他) 2 0 37.0 68.5
K6181 中心静脈注射用埋込型カテーテル設置(四肢) 2 77.0 13.5 68.5
K386 気管切開術 1 8.0 36.0 63.0
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用埋込型カテーテル設置(四肢) 1 29.0 73.0 75.0

経皮内視鏡的胃瘻造設術とは、内視鏡を使って「おなかに小さな口」を造る手術のことです。
頭頸部がん、食道がんなど、放射線療法・化学療法により栄養状態の悪化が懸念される治療にあっては、胃ろうによる栄養管理を実施しています。
「カテーテル設置」は皮下にポートと呼ばれるタンクを埋込無ことで、化学療法に於いて漏れ等に懸念のある場合や、より多くの栄養を点滴する場合に実施しています。


眼科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 78 0 1.5 75.3
K2821イ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入するもの 1 0 2.0 82.0

眼科では、白内障に対する手術である水晶体再建術を1泊2日の入院でおこなっています。


婦人科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K802-21 膀胱脱手術 メッシュを使用するもの 4 1.0 7.8 70.3
K867 子宮頸部(腟部)切除術 2 1.0 1.0 42.0
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 2 1.0 8.0 67.0
K8232 尿失禁手術 その他のもの 1 1.0 2.0 62.0

器脱手術は、①子宮脱手術のみ、②膀胱脱手術のみ、③両者となり、膀胱脱手術4例は②+③の合計となります。


循環器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K597-2 ペースメーカー交換術 13 1.2 5.9 77.3
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 4 4.3 10.3 81.5

ペースメーカー交換術は、ペースメーカーの電池が消耗した際の電池交換のための処置になります。


乳腺外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 32 1.0 5.4 61.5
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 20 1.0 7.5 64.7
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 16 1.0 3.4 61.1
K4764 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。)) 3 1.0 7.0 60.3

乳がん手術については、癌の大きさや性状によって手術方法が異なり、乳房全切除や一部乳房を温存する部分切除術などが実施されています。


耳鼻咽喉科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 32 1.0 5.3 20.6
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術 直達喉頭鏡又はファイバースコープによるもの 12 1.0 1.8 55.1
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 10 1.0 4.8 55.0
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 9 0 6.1 40.2
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術 切除 8 1.0 6.3 59.1

耳鼻咽喉科の手術で最も多いのは、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術です。
扁桃炎にアデノイド増殖症を伴う場合は、アデノイド切除術を同時に行うこともあります。
小児期の患者さんに行うことも多い手術ですが、年に4~5回扁桃炎に罹患している方や、扁桃肥大によるいびき、睡眠時無呼吸症候群でお困りの方に対しても手術を行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.04
異なる 3 0.06
180010 敗血症 同一 24 0.46
異なる 5 0.1
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.35
異なる 1 0.02

播種性血管内凝固や敗血症は、DPCで高額な点数が設定されている(入院医療費が高くなる)ため、臨床的に根拠のある診断でなければアップコーディング(不適切な入院医療費請求)を疑われかねない DPC病名とされています。
厚生労働省による平成26年度のDPC対象病院全国平均は、(上から順に、)播種性血管内凝固「0.17%」、敗血症「0.56%」、その他の真菌症「0.04%」、手術・処置等の合併症「0.70%」であり、4項目すべて全国平均以下であることがわかります。

手術や処置などは合併症を起こさないように細心の注意払って施行していますが、合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。
起こり得る合併症については少しでも改善できるよう努め、事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくようにしています。



受付のご案内

tel

受付時間

初診 午前 8:30~11:30
再診 午前 8:00~11:30
※各科、曜日によって受付時間が異なります。事前にご確認ください。

休診日

日曜日・祝日 第2・4 土曜日
創立記念日 5月30日
年末年始 12月29日〜1月3日

ページ上部へ戻る
社会福祉法人 恩賜財団 済生会中和病院
〒633-0054 奈良県桜井市大字阿部323  TEL:0744-43-5001 / FAX:0744-42-4430